葛男(過去ログ)

0

第59回 新潟県中学柔道大会(男子団体)

第59回 新潟県中学柔道大会(男子団体)

 投稿者:藤田


団体戦

今回は新潟地区3位の成績で県大会に駒を進めました。

ちなみに地区大会での目的は自身のレベルの確認と相手選手のレベル(技や組み手、体力)の確認。

勝ちにこだわりすぎる事なく戦う相手の技を受け止めてみる事でした。

結果的に準決勝で負けてしまいましたが、目的は達成し多くの情報を得ること出来ました。

またチームが負けてしまった事も県大会に向けての結束力強化で良い影響を与えてくれました。

そんな中、知人から某中学のブログに「因縁の葛塚」と書かれているよと指摘があり

ブログをのぞいてみました。本当だ!、因縁と書かれている。

私の中ではお手本にしている存在の中学だったので、ライバル視されている事に対して

嬉しさを感じました。

県大会までの一か月でやるべき事を顧問の長谷川先生と相談し、そのお考えを一番に

取り組みました。また保護者に編集していただいた地区大会の動画を見ながら研究し、

子供達に分かりやすい言葉を使いながら動画を用いて対策と実践を繰り返し行いました。

心構えについても資料を作成したり著名人の言葉を用いて仕上げていきました。


県大会当日

予選リーグ

対 新発田東

4-0

新発田東は数年前までよく出稽古にお伺いさせていただき、様々の内容を

学ばせて頂いた中学です。外部コーチには少年柔道で仲良くして

頂いている先生もおりとても警戒しておりましたが勝利を収める事が出来ました。


対 三条第一

3-2

中越地区の強豪、三条第一。接戦が予想されましたが予想通り

大将戦までもつれ込む大接戦となりました。大将戦では小学時代から対戦を繰り返している選手で、

勝ったり負けたりの相手でしたが辛勝しチームの勝利を収めました。


対 新津第一

4-0

新津第一は地区大会でも対戦している相手だけに対策をしてくるのではないかと

非常に警戒していましたが勝利する事が出来ました。

予選リーグは3戦全勝で決勝リーグに駒を進めましたが決勝リークの戦い方において

予選リーグ中に強烈な後押しがありました。

予選リーグ三条第一戦で大接戦で苦しい戦いが終わったばかりの我々に対して

お手本にしているチームの監督が来られ「冷や冷やの内容じゃん」と笑顔でお声掛けを

頂きました。挨拶程度しか交わさない先生ではありますがそのお言葉に

「必ず優勝する」とい強い覚悟を再認識させていただきました。


決勝リーグ1回戦

対 直江津東

4-1

上越地区の強豪、直江津東。とても鍛えられている選手ばかりのチームでしたが、

葛塚の選手と試合内容がかみ合い勝利をお収める事ができました。


準決勝

対 巻西

3-1

(※地区大会では2-3で負けました)

今回の新潟地区優勝校。強豪です。選手一人一人がとても鍛えられており

元気が良い。また大会会場でのアップ時の迫力は見習うべき点が多くあります。

結果は徹底的な対策が功を奏し3-1。しかも失点1は指導負け。

相手のポイントゲッターに対し指導負け(投げられていない)で食い止めた事が

チームに流れを大きく引き寄せました。また「必ず優勝する」気持ちを

再認識させていただいた事も結果につながりました。翌日、巻西のコーチが

頭を丸めてこられたので理由をお聞きしましたが大変恐縮してしまいました。

しかしそこには爽やかな笑顔があり大変好印象な方であると認識しました。


決勝

対 白根第一

3-1

白根第一とは昨年のBSN杯決勝で対戦しており2-2の代表戦で惜敗しています。

決勝では葛塚の最終兵器の異名を持ち、日々の稽古も休む事なく、ひたむきな気持ちと

努力の才能あふれるダイチを起用。采配が的中し勝利を収めました。


優勝!


大会終了後、様々な先生から祝福のお言葉と葛塚の戦力について評価をいただきました。

・チームの気持ちが一つになっていた事。

・絶対的なポイントゲッター長谷川がいた事。

・選手一人一人に力はあるが、木下の成長がチームの勝利に大きく貢献している事。

・体力的に勝っている印象がる事。

全国大会を経験されている監督からも戦い方や心の作り方のアドバイスをいただきました。

ご指導有難うございました。



159638

スポンサーサイト



コメント

プロフィール

kuzujudo

Author:kuzujudo
葛塚柔道会の掲示板への過去投稿記録用ブログです

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR